So-net無料ブログ作成
検索選択

水筒の寿命って何年位?買い替え時期の目安 [節約術~ショッピング]


水筒.jpg

節約の為というわけでもないが毎日会社に水筒を持って行っている。

結婚する前からそうしていたのでかれこれ5年以上経つが

その間ずっと同じ水筒を使っていて一度も買い替えていない。

パッキン類は2年位前に一式交換したのだが最近嫁に水筒自体を買い替えるよう言われている。

保温・保冷力とも十分あり個人的にはまだまだ使えそうな気もするが

毎日水筒を洗っている嫁からすると茶渋等も落ちにくくなってきているので不衛生とのこと。

5年以上使ってきた水筒もいよいよ寿命ということか。


スポンサーリンク



水筒の寿命と買い替え時期


5年以上使っている水筒の保温・保冷力が未だ衰えない


同じステンレスボトルをかれこれ5年以上使っているが

未だに保温・保冷力とも全く衰えておらずまだしばらくは使えそう。

↓ちなみにコレを使っている(正確には前の型だが)

象印 水筒 ステンレスマグ 480ml

しかし嫁からは「不衛生だしいい加減買い替えたら」と言われている。

パッキン類は過去に一式交換したのだが

ステンレスボトルの内面に付着した茶渋等が落ちにくくなってきたとのこと。

保温・保冷力はまだ十分あるがさすがに買い替え時期にあるのか。

そもそもステンレスボトルの寿命ってどれ位なのか?



水筒(ステンレスボトル)の寿命


象印のホームページでは
ステンレスボトルの寿命は、使用方法などによりかわります。
お手入れが不十分な場合、腐食等で短くなることがあります。

ということでハッキリとした寿命はわからなかったが

水筒のパッキン類については以下の注意書きがあった。

尚、パッキン類や中せん、せんセット等は消耗品です。
パッキン類は1年を目安に確認してください。


・・・5年以上使ってるけど1回しか交換してないわ。

まぁ1年を目安に確認すればいいだけなんで大丈夫だろう。


で、肝心のステンレスボトルの寿命についてだが

今のステンレスボトルは昔のものとは違い落下やぶつけたりして衝撃を与えない限り

保温・保冷機能は半永久的に衰えることはないようだ。

つまり保温・保冷機能を寿命の目安とするならば

パッキン類を交換し続ければかなり長い期間使えるということになる。

※低価格の商品の中には粗悪なものもあるので全てのステンレスボトルがというわけではない。


結局ステンレスボトルの使い方等によって寿命は異なるということなので

象印のホームページに書かれてあった通りということだ。



水筒(ステンレスボトル)の買い替え時期


正しく使えば保温・保冷の機能面だけでいえば長く使えるということはわかったが

嫁の言うように5年以上も使えばさすがに買い替えた方が良さそう。

衛生面が気にならないというのならまだ何年か使えそうではあるので

寿命と同様に買い替え時期も個人差があるという結論に至った。

機能面や衛生面が気になりだしたら買い替え時期とうことだろう。


ということで現在後継ボトルを物色中。

持ち運びがしやすくてロックがしっかりしている点と洗いやすさを重視。

今のところ最有力候補はコレ↓

象印 ステンレスマグ (0.6L) SM‐SC60

軽量でスリムなうえ今使っているものよりも容量も増えている。

象印のロックはしっかりしているのでカバンに入れても安心出来るし

価格も手頃ということで最有力候補である。


以上、水筒の寿命と買い替え時期でした。


【オススメ記事】
・ミュゼ脱毛本当に100円!?期間限定?勧誘は?口コミも

・お金・貯金をリスクなしで増やす方法

・コストコ年会費が永年無料!?コストコを無料で楽しむ裏ワザ


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タグ:水筒 節約術
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 手取り18万円家族4人生活 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。